calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

Information ★鉄道のまち大宮 第6回 2013年タムロン鉄道風景コンテスト
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
今年も作品募集中です!

※イベントやメディア掲載などは随時ブログでもご報告していきます。

Regular 執筆&撮影
BE-PAL「駅から始まる物語」/月刊連載
JTB時刻表「矢野直美のダイヤに輝く鉄おとめ」/月刊連載
読売新聞「遠望 眺望」
シティリビング大阪

撮影&出演
★NHK総合(北海道)「しあわせ鉄道紀行」/不定期放送
★NHK総合(北海道)「つながる@きたカフェ」/毎月1回火曜 11:30〜12:00

Web連載
「鉄道 ぽっぽの旅」コラム

新刊「矢野直美の駅弁旅」/小学館
「鉄道少女百景」/一迅社
「ダイヤに輝く鉄おとめ」/JTBパブリッシング
「汽車通学」/メディアファクトリー

NHKBSプレミアム『プレミアムカフェ』



明日、3月14日の
NHK-BS「プレミアム・カフェ」シリーズにて
「特集 にっぽん木造駅舎の旅〜ふるさとの駅に思いを寄せて〜」

がアンコール放送されます。

収録は静岡県、
大井川鐵道の田野口駅で行われました。
風景と音楽、鉄道の音色が美しく、
地元の方たちがとてもあたたかくて
本当に楽しい時間をいただきました。

この年は不思議と静岡にご縁があり、
さまざまな思い出があります。
なつかしいなぁ、、、

お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!

そして、もちろん今も、
大井川鐵道は魅力いっぱいの路線です。

3月14日〜16日は、NHK-BS「プレミアム・カフェ」シリーズ
「線路の先に」のアンコール放送
で、
スタジオゲストは、紀行作家の野田隆さん(紀行作家)。
楽しみです!

「特集 にっぽん木造駅舎の旅〜ふるさとの駅に思いを寄せて〜」
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-03-14&ch=10&eid=34792&f=3599
NHKBSプレミアム『プレミアムカフェ』
2017年03月14日(火)午前9:00〜
2017年03月15日(水)午前0:45〜(リピート放送)
※都合により、放送の延期・中止・時間変更となる場合がございます。


NHKBSプレミアム『プレミアムカフェ』
http://www4.nhk.or.jp/pcafe/

日本国有鉄道民営化30周年記念トリビュート・アルバム「JNR to JR」



日本国有鉄道民営化30周年記念トリビュート・アルバム
「JNR to JR」
私も参加させていただきました。
http://jnr30.site/

スギテツさん・杉浦哲郎さんのプロデュースで、
鉄道を愛するアーティストのみなさまの
思いと才能がぎゅっと込められています。
アルバムを聴くのが、そして目にするのが、楽しみでなりません。

私が参加させていただのは、
オオゼキタクさん楽曲「人あかりの路」の作詞

これは昨年のPSJ「東京写真月間2016」の企画展
矢野直美写真展「人あかりの路」でつつづった詩がもとになっています。
それにタクさんが曲をつけてくださり、
今回のアルバムで、新しいカタチになっていきました。

デモを拝聴したときも、
今も、心が動いてとまりません
タクさん、本当にありがとう!

写真展を支えてくださった皆さま、
「JNR to JR」トリビュート・アルバムの関係者の方々、
どうもありがとうございます!

たくさんのみなさまのもとへ、
いっぱいの愛が届きますように。

日本国有鉄道民営化30周年記念トリビュート・アルバム
http://jnr30.site/



春の旅、ご一緒できることを楽しみにしています!

ap.jpg

鉄道旅好きということもありますが
旅先も、公共交通に心惹かれます
それは、生活の足だから

旅人としていろいろな町へ出かけ
素晴らしい絶景ももちろんですが、
心に残るのは、いつも、
ちょっとした情景だったりします。
国内も、海外でも。

港町のリゾートを走る路面電車の
着飾った方々と、魚袋を手にする町の人たち

アジアの路線バスで、
運転士さんが口ずさんだ日本の演歌

公共交通は、
旅に独特の味付けをしてくれます
知っているようで、初めての
目にしたようで、触れていない

だから私は、生活の足である
公共交通の旅が、好きです。

この春、
鉄道世界遺産の「センメリング鉄道」を
訪ねるツアーを企画していただきました。

センメリング鉄道の完成は1854年。
現代のような機械もダイナマイトもなかった時代に、6年という短期間で完成した世界初の山岳鉄道です。
今も、アルプス越えの重要な路線であり、1998年、世界文化遺産に登録されました。

旅の出発は、5月12日です。
沿線はブラームスゆかりの美しい地、
旅の基点になるのは、音楽の都ウィーン。
車輪の音色と音楽に彩られる春の旅
みなさまとご一緒できることを心から楽しみにしております!

詳細・お申込はこちらをご覧くださいませ。
HBCトラベル「フォトライター矢野直美と行く
鉄道世界文化遺産センメリング鉄道乗車と
作曲家ブラームスゆかりの地を訪れる
オーストリア・ウィーン5日間」
http://www.hbcv.jp/travel/recoplan/19291.html


HBCトラベル
http://www.hbcv.jp/travel/


どうもありがとうございました!

IMG_8555_20170306092221990.jpg
先日の妹背牛温泉フォーラムに
足をお運びいただいたみなさま、
お世話になったみなさま、
どうもありがとうございました!

温泉の力、
温泉と鉄道のコラボレーション
私自身、とても勉強になりました。温泉、旅、鉄道、絶対に愛称がいいですよね。

会議や講演、フォーラムなどに声をかけていただく日が続いています。
そのすべてが、とても得がたい時間となっています。

みなさま、本当にありがとうございます。

IMG_8539_20170306092302746.jpg
妹、も増えました。
みんな本当に可愛らしく、賢く、気立てがよくて
その輝きに、姐さんはめろめろです(笑)

気立てがいい、という表現
最近あまり目にしなくなりましたが、私は大好きな言葉です。

季節は春
光の時間ですね

盲腸線〜行き止まり駅の旅

R0312788p.jpg
今夜の
「盲腸線〜行き止まり駅の旅」

JR室蘭線の東室蘭駅−室蘭駅
を旅してきました。

途中下車しながらの、町歩き
時間軸を見失いそうな、不思議な旅で。
楽しかった!

お世話になったみなさま、
どうもありがとうございました。

鉄道チャンネル
盲腸線〜行き止まり駅の旅
#2 東室蘭−室蘭 初回放送
2017年3月5日(日)21:30〜22:00
http://tetsudo-ch.com/recommend_program/1855.html


ご覧いただけると幸いです!
鉄道チャンネル
http://tetsudo-ch.com/

観光列車フォーラム、足をお運びいただけると幸いです



昨年より始まりました
道主催の「観光列車運行可能性検討会議」
私も委員として参加しています。

検討会議では、会の座長である、
北海道大学副学長の吉見宏さんをはじめ、
さまざまな専門分野の委員と客員専門委員で
観光列車の可能性を調査・検討してきました。

この会議の報告として、また意見交換として
来週は札幌と弟子屈でフォーラムがあります。
私も講師とパネリストをつとめさせていただきます。

札幌は、2月22日(水)14:00〜16:00
弟子屈は、2月24日(金)13:30〜15:30
参加は無料です

足をお運びいただけると幸いです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【観光列車フォーラム】

北海道ならではの新しい旅の手段となり得る
観光列車のイメージを共有し、
今後の観光列車づくりの方向性について
意見交換を行います。

《札幌会場》
2月22日(水)14:00〜16:00
札幌国際ビル 国際ホール
札幌市中央区北4条西4丁目 札幌国際ビル8階

〜プログラム〜
●主催者挨拶(北海道)

●報告「観光列車運行可能性調査結果と運行の実現に向けた方向性について」
 道銀地域総合研究所 地域戦略研究部 特別研究員 大熊一精

●講演「観光列車と地域の活性化」
 講師:フォトライター 矢野直美氏

●パネルディスカッション「北海道における観光列車の可能性」
【コーディネーター】
 北海道大学副学長 吉見宏氏
【パネリスト】
 名取紀之氏 元Rail Magazine編集長・日本鉄道保存協会顧問
 比企恒裕氏 伊豆急行株式会社企画部長
 矢野直美氏 フォトライター

《弟子屈会場》
2月24日(金)13:30〜15:30
川湯観光ホテル ラピュタホール

〜プログラム〜
●主催者挨拶(北海道)

●報告「観光列車運行可能性調査結果と運行の 実現に向けた方向性について」
 道銀地域総合研究所 地域戦略研究部 特別研究員 大熊一精

●講演「観光列車と地域の活性化」
 講師:フォトライター 矢野直美氏

●パネルディスカッション「北海道における観光列車の可能性」
【コーディネーター】
 釧路公立大学 地域経済研究センター長 佐野修久氏
【パネリスト】
 鳥塚亮氏 いすみ鉄道株式会社 代表取締役社長
 名取紀之氏 元Rail Magazine編集長・日本鉄道保存協会顧問
 星匠氏 株式会社釧路新聞社 代表取締役社長
 松岡友之氏 弟子屈町 観光商工課 課長
 矢野直美氏 フォトライター

ご参加ご希望の方は、申込用紙に必要事項をご記入の上、2月17日までに、下記の事務局宛てにFAXまたは、必要事項を明記の上E-mailにてお申し込みください。
申込用紙のダウンロードはこちらからお願い致します。
http://www.lilac.co.jp/doginsoken/pdf/panf20170222a.pdf


お申し込み・お問い合わせ先
【事務局】(株)道銀地域総合研究所(担当:大熊)
〒060-8676 札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀別館ビル6F 
TEL: 011-233-3562
FAX: 011-207-5220
E-mail:seminar@doginsoken.jp

明日は、JR釧網線です

DSC_0739_20170212175712031.jpg
明日、2月13日(月)の
NHK「つながる@きたカフェ」
各駅停車おいしい旅は、JR釧網線の旅をご紹介します。

今冬、デビューした「流氷物語号」
たくさんの夢と未来が乗っています。

流氷物語号が走り始めると、海には流氷が近づき、空には知床連山の稜線がくっきり。
連日のように、オホーツク晴れに恵まれているそうです。

私が旅した日も、青の青さに心奪われる、最高の冬晴れでした。

海と空に、感謝
そして、流氷物語号が運んできてくれる、すべての物語にありがとう

つながる@きたカフェ
ご覧いただけると幸いです。

2月13日(月)11:30〜
NHK総合(北海道) 
http://www.nhk.or.jp/sapporo/kitacafe/
※緊急報道などで番組休止の場合がございます。

| 1/154PAGES | >>