calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

categories

archives

Information ★鉄道のまち大宮 第6回 2013年タムロン鉄道風景コンテスト
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
今年も作品募集中です!

※イベントやメディア掲載などは随時ブログでもご報告していきます。

Regular 執筆&撮影
BE-PAL「駅から始まる物語」/月刊連載
JTB時刻表「矢野直美のダイヤに輝く鉄おとめ」/月刊連載
読売新聞「遠望 眺望」
シティリビング大阪

撮影&出演
★NHK総合(北海道)「しあわせ鉄道紀行」/不定期放送
★NHK総合(北海道)「つながる@きたカフェ」/毎月1回火曜 11:30〜12:00

Web連載
「鉄道 ぽっぽの旅」コラム

新刊「矢野直美の駅弁旅」/小学館
「鉄道少女百景」/一迅社
「ダイヤに輝く鉄おとめ」/JTBパブリッシング
「汽車通学」/メディアファクトリー

「東京写真月間2016」巡回展

FB_IMG_1480747396261.jpg
「人と鉄路」心をつなぐみち
巡回展、今は長野県で開催されています。

長野県のみなさま、
旅先のみなさま、
どうぞ足をお運びくださいませ!

−−−−−−−−−

東京写真月間2016「人と鉄路」心をつなぐみち

宇井眞紀子「眠る線路」
村上悠太「つなぐ旅」
矢野直美「人あかりの路」
米屋こうじ「ときのしずく」
「青春18きっぷ」ポスター紀行展

長野県小諸市立小諸高原美術館
12月1日〜12月20日 
9:00〜17:00(月曜休館)

札幌市電で、

DSC_0189.jpg
札幌市電で、お祝いでした。
みなさま、どうもありがとうございました。

明日も、これからも、
夢を見ましょう!


「弥彦線てつさんぽ」どうもありがとうございました!


11月23日に「新潟日報みらい大学 大人の旅学科」
課外授業「弥彦線てつさんぽ」が開催されました。
ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

「弥彦線てつさんぽ」号として新潟駅に登場したのは、
カーペット列車の「NO・DO・KA」です!
出発駅ホームでは盛大に見送っていただき、
途中下車の駅でも暖かく迎えていただきました。







「NO・DO・KA」は、展望車両からの眺めが最高で、
客車からもふだんとは違う視線からの車窓が楽しめました。



燕市吉田地域と三条市と弥彦では、
とても暖かなおもてなしをしていただきました。
新潟には、素敵な町がいっぱいですね。
途中下車が楽しくて。もっともっと歩いてみたいです。


当日は、駅やホームで、町歩きで、
素敵なサプライズが盛りだくさんでしたね。
参加記念も「てつさんぽ」オリジナルで感動でした。







列車内では、「てつさんぽ四人組」(という呼び名はいかがでしょうか?)
河野哲也さん(JR東日本新潟支社 新潟地区センター所長)
野沢達雄さん(新潟日報モア 鉄道コラム「えちご発 鉄の細道」担当)
石川千春さん(エフエム新津・パーソナリティー)
私、の4人でトークセッションをさせていただきました。
この日も、線路と鉄道話は続くよ、どこまでも♬の4人でしたね。

今回の「弥彦線てつさんぽ」は、
1月23日に行われた「新潟日報みらい大学 大人の旅学科」
4人でのトークセッションがきっかけでした。
「課外授業として、みなさまと鉄道旅をご一緒したいですね」
という言葉が、なんと10ヶ月後に実現したのです! 感慨深いです。

「旅学科供廖△修靴董峅欒絢業」と、
みらい大学で生まれた夢がどんどん続いていくことに感動しています。

「てつさんぽ」に参加してくださったみなさま
新潟日報社さんとJR東日本さん
燕市吉田地域と三条市と弥彦のみなさま
すべての関係者の方々に心から感謝申し上げます。
楽しくて幸せな時間を、本当にありがとうございました!
みなさまと、またお目にかかれることを楽しみにしております。

新潟日報みらい大学の公開講座
http://www2.niigata-nippo.co.jp/mirai/seminar/07.php


JR東日本新潟支社
http://www.jrniigata.co.jp/


びゅうプラザ
http://www.jrniigata.co.jp/view/


えちご発 鉄の細道「新潟日報モア」
http://www.niigata-nippo.co.jp/blog/railway/


FMにいつ
http://www.chat761.com/index.html




いよいよ季節は冬ですね。
みなさま、どうぞご自愛くださいませ。

NHK BSプレミアム「ニッポン各駅早周り旅」

DSC_0309_20161029162606106.jpg
今夜、21時からオンエアの
NHK BSプレミアム「ニッポン各駅早周り旅」

私も、旅のゲストを務めています。

宍戸開さん、倉持明日香さん
お二人は、まわりを幸せにしてくれる
本当に素敵な紳士とLadyでした。

⬇写真は開さんが撮ってくれました。
開さん、倉持さん、
みなさま、どうもありがとうございました!

image1.jpg
ーーーーーーー

BSプレミアム
「ニッポン各駅早周り旅」
2016年10月29日(土)
21時00分〜(90分)
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92405/2405201/index.html

最後の読書

今、発売中の週刊朝日にて、
週刊図書館「最後の読書」をつづっています。

口にする言葉
文字でつづる言葉
沈黙の言葉
言葉は、いろいろで

時が経ってこそ、つづれる言葉もありますね

ジョン・アーヴィング著
「ホテル・ニューハンプシャー」

私にとって、宝物のような物語です


ありがとうございます、そしておめでとうございます!



鉄道のまち大宮
第9回タムロン鉄道風景コンテスト  
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
本日、表彰式でした。

入賞者の皆さま、
本当におめでとうございます!

残念ながら賞にもれてしまった方々、
ご応募いただいたすべてのみなさまに感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

9回目となります今年、
いつも感じることですが、今回はより以上に
「愛」を感じていました。
鉄道へ、写真への愛

鉄道は、とても日常的で、身近な存在です
人の手で守られ、人の暮らしに寄り添う鉄道
写真もそうです。身近で、日常的な存在

だからこそ、暮らしのなか、趣味の世界、
老若男女、たくさんの愛を感じていました
鉄道と、写真への愛を、感じさせていただきました

鉄道のまち大宮 タムロン鉄道風景コンテスト  
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
9回目となる今回は、応募作品数7098点
これまでの最高数です。

コンテストを運営するタムロンさん
支えてくださる埼玉県、さいたま市の方々
本当に大好きで敬愛してやまない広田先生
レイル・マガジンさん、取材いただいた皆さま
作品を応募してくださる皆さまに
心から感謝申し上げます
素晴らしい時間を、本当にありがとうございます!

来年は、10回目です。
記念すべき10周年に、夢を見ます。
1万点の作品と出逢えることを、願っています。

来年も「「私の好きな鉄道風景ベストショット」
みなさまの、たくさんの愛、に逢えますことを、
心から楽しみにしております。

「入賞作品写真展」は、
そごう大宮店 3階特設会場にて、
10月31日まで開催されます。
ぜひぜひ足をお運び下さいませ



「第9回タムロン鉄道風景コンテスト」入賞者
http://www.tamron.jp/special/contest/train2016/result.html


-----------------------------
第9回タムロン鉄道風景コンテスト  
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
入賞作品写真展


会期
2016年10月12日(水)〜10月31日(月)[20日間]
午前10時00分〜午後8時00分

会場
そごう大宮店 3階特設会場(埼玉県さいたま市)

入場料 無料

後援
さいたま市 さいたま市教育委員会 さいたま商工会議所

協力
そごう大宮店 レイル・マガジン

主催
株式会社タムロン 鉄道風景コンテスト事務局

詳細はこちらをご覧下さい
http://www.tamron.jp/special/contest/train2016/event.html


Japan Railway Journal



本日深夜(日付が変わって7日)オンエアの
NHK WORLD TV
「Japan Railway Journal」


熊本地震からの鉄道復興
私も取材に参加させていただいています。

ナビゲーターは、タレントのラッセル・トッテンさん
コメンテーターは、工学院大学准教授の高木亮さん

人の手がつなぐ鉄道と
日常を守り、時を結ぶ鉄道

日本の鉄道の技術と力強さ、支える思い
そして願いを、感じてきました。

NHK WORLD TV
Japan Railway Journal
「Railways Back on Track: Six Months after the Kumamoto Earthquakes」

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/japanrailway/

Friday, October 7
0:30 - 1:00 6:30 - 7:00
12:30 - 13:00 18:30 – 19:00


南阿蘇鉄道
http://www.mt-torokko.com/



| 1/151PAGES | >>