calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

Information ★鉄道のまち大宮 第6回 2013年タムロン鉄道風景コンテスト
「私の好きな鉄道風景ベストショット」
今年も作品募集中です!

※イベントやメディア掲載などは随時ブログでもご報告していきます。

Regular 執筆&撮影
BE-PAL「駅から始まる物語」/月刊連載
JTB時刻表「矢野直美のダイヤに輝く鉄おとめ」/月刊連載
読売新聞「遠望 眺望」
シティリビング大阪

撮影&出演
★NHK総合(北海道)「しあわせ鉄道紀行」/不定期放送
★NHK総合(北海道)「つながる@きたカフェ」/毎月1回火曜 11:30〜12:00

Web連載
「鉄道 ぽっぽの旅」コラム

新刊「矢野直美の駅弁旅」/小学館
「鉄道少女百景」/一迅社
「ダイヤに輝く鉄おとめ」/JTBパブリッシング
「汽車通学」/メディアファクトリー

さまねこ通信.9

エンゲル係数の本バージョンがあったら
ワタシと矢野さんは、きっとスゴイことになっているはず。
小説はもちろん、ふたりともマンガも大好きです!
年齢が近いので思春期に読んだマンガもかぶることが多くて
よく盛り上がっています。
キャンディキャンディなんて台詞の一言一句、
シーンまで覚えていてお互い驚いたものです。
IKKI連載中の金魚屋古書店に
「人の心は時間と思い出の成分でできている」って台詞がありますが
まさにそうですよね!
まぁ、ワタシと矢野さんの成分表には違いがあって
矢野さんには「楳図かずお」は入っていないんでしょうが。

そして時々、矢野さんは「お蝶婦人」になります。
「いくわよ、ひろみ」
とか言いながら紅茶を入れてくれます。矢野さん、朝からテンション高いです。
ワタシが厳しいスケジュールを言われてアタマを抱えていると
「ひろみ、そんなこと気にしなくてもよろしくてよ」
よろしくてよ、って、気にしないわけにいかないし
「ひろみ、ワタクシの言うことがきけないの?」
「でも、でも、お蝶婦人……」(初期の頃の気弱なひろみ風)
矢野さんの方が年下なのに、なぜか年上のお蝶婦人役。

あと、矢野さんは「てやんでぃ」という東京弁もお気に入り。
なにかのまんがで見たらしいセリフをもじって、
「てやんでぃ。こちとら蝦夷っ子、札幌の生まれよ」とよく啖呵をきっています。
蝦夷っ子のお蝶婦人。。。
楽しい職場でしょ?